VG(ベジタブルグリセリン)

グリセリンとはベジタブル(植物性)グリセリンの略Vegetable Glycnrinで、頭文字をとって、VGといいます。

ほとんどのリキッドはこのVG(ベジタブルグリセリン)とPG(プロピレングリコール)が主材料となっており、グリセリンは煙を生み出すとても重要な部分となります。

特徴

グリセリンの比率に比例して、煙が多くなります。

いわゆる爆煙を目指すかたは、グリセリンの濃度を上げる必要があります。

グリセリン自体は粘度が高くドロドロしておりますので、RTAもしくはクリアロマイザーを使用している方はVG/PG比率を考慮して配合して下さい。

VG100%のリキッドも存在しますが、あまりにもVG比率が高いと供給不足になりやすいです。

PG(プロピレングリコール)とくらべてアレルギーも少なく食品にも添加されており、保存方法をしっかりと行えば安心して使用できます。

用途

自作リキッドを生成するにも、濃いリキッドを薄める為の割材としても、様々な用途として、ペイパーなら是非持っていても損ではないと思います。

保管方法

グリセリンは細菌の繁殖が活発な為、VG100%などのグリセリン濃度の割合が多いリキッドは、必ず日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。

尚、PG(プロピレングリコール)が含まれると多少の繁殖防止にはなりますが、こちらも同様に日光の当たらない冷暗所で保管を推奨します。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*