イガイガする

リキッドの供給不足により起こる現象で、イガるともいいます。

イガる現象としてはドライヒットを起こすことでなります。

供給出来ていない状態で吸うことになるので、コットンが焦げた匂いや味のない煙を吸っているような感覚で喉が焼けるような刺激があります。

コットンにしっかりと供給されていない状態で吸ってしまうと起こることが多いので、コットンに染み込ます時は気をつけましょう。

プリペイドコイル使用の方はコイル自体にもリキッドを添加して使用することをオススメします。

基本的には20分くらいはおいてからの使用がオススメです。

また、連続的に吸い続けることでも起こるので、適度に吸うこともオススメします。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*