用語集

コットンウイック

RBAのコイルに接触する部分で、コイルに電流が通ると、リキッドを含んだコットンから蒸気が発生する。

リキッドを保持する役割もある。

様々なメーカーから販売されており、コットンの繊維も様々である。

ビルドの際は、コットンのねじれをいかに無くすことが重要となる。

また、コイルの内径にコットンを通す場合には、いかにコイルとコットンの間に隙間を作らないかが大事である。

ジュルジュルする

主にコットンウイックに過剰にリキッドが供給された場合に多くみられます。

直ドリでリキッドを多く滴下したり、リキッドを過剰に供給してしまうことで、蒸気化せずに直接口に入ってきてしまうこともある。

また、気化したリキッドがドリップチップ辺りで液化すると、『ジュルジュル』と吸った時に音がする現象をジェルるとも言います。

主な解消方法としては、
バッテリーからアトマイザーを外して、吸い口のドリップチップへ少し強めに息を吹くと詰まっていたリキッドが出て解消する事が多い。

この時、エアフローにタオルやティッシュ、おしぼりなどをあてておくと吹いた時に出てきたリキッドが周囲に飛び散ったり手についたりすることが防げるのでお勧めです。

なお、エアーフローの位置によっては、この限りではありません。

 

ガンク

ガンクとは、コットンやコイルに煤のような焦げたような黒いようなものが付着することを言います。

ガンク

主に長期間ビルドをしないとコットンやコイルにガンクがつきます。

その期間が長ければ長いほどガンクの量は多く、衝撃が走るくらいの量になるのでご注意下さい。

 

ガンクは、リキッドが気化されずについたものなので、味も落ちれば、ドローも重く、コットンの供給力なども低下していくので、ある程度使い、味があまり出てこなくなったらすぐに交換することをお勧め致します。

しかし、リキッドによっては少しガンクがついた方が美味しいともいわれますので、その点も少し頭に入れておくと、また1つ美味しい吸い方が出来て良いと思いますので、是非ともお試し下さい。

ちなみに、フルーツ系やメンソールはガンクが付きにくく、お菓子系(キャラメル、バニラ、チョコレート等)はガンクが付きやすい傾向にあります。

甘いリキッドほど、ガンクが付きやすいと認識下さい。

セラミックピンセット

セラミックピンセット

セラミックピンセットとは、先端が耐熱セラミックになっているピンセットのことをいいます。

ビルドをするのには必要不可欠なアイテムです。特にマイクロコイルでビルドする方には必需品になります。

セラミックピンセットの主な用途は、コイルの調整・ホットスポットの除去・コイルの焼き入れや形の整形・コットンワークなどに使用します。

セラミックピンセットは先が太いものと細いものと先が曲がっているものと数種類あります。

普通の金属のピンセットやVAPE製品でないセラミックピンセットだと、コイル成形中に短絡や、溶解してしまうために専用のものを使用することをお勧めします。

注意点として、ホットスポットの除去後などセラミック部分が温まっている状態の時に水などで急激に冷ますと欠けたり、割れたりするので気をつけて下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電子タバコ VAPE COILMASTER 社製 セラミックピンセット
価格:980円(税込、送料別) (2016/10/3時点)

 

 

 

ちなみに、セラミックピンセットの他にマルチピンセットもあります。

こちらは、ピンセットの機能はそのままに、硬くて外せないアトマイザーやドリップチップを簡単に外す為のツールです。

サブオーム

サブオームとは、1.0Ωより低いコイルの抵抗値の事を指します。

つまり、0~9.9Ωとなります。

通常、コイルの抵抗値が低くなるに比例して煙の量が多くなりますので、いわゆる爆煙を楽しみたい方はサブオームがオススメです。

ただし、抵抗値が低いほど危険性が高まるという事しっかりと理解してください。

また、MODはメカニカルMODとテクニカルMODが存在しますが、初心者の方はテクニカルMODを推奨します。

最近のテクニカルMODは、低抵抗値もフォローできる物が多いですが、取扱説明書をしっかりと把握し、安全にVAPEを楽しみましょう。