用語集

ノンニコ

ノンニコチンリキッドのことを略してノンニコと言います。

ノンニコチンということで説明せずともわかると思いますが、ニコチンが入っていない普通のリキッドのことです。

国内での販売も可能な為、様々な種類のノンニコが販売されています。

つまり、国内で購入できるVAPEショップや通販などのリキッドは全てノンニコチンリキッドです。

因みに、喫煙者にはノンニコチンリキッドは物足りなく感じる事が多いそうなので、ニコチンを単品で購入する場合は、法で定められた範囲で個人輸入する必要があります。

PG(プロピレングリコール)

プロピレングリコールはPropylene Glycolの頭文字をとってPGといいます。

こちらもVG(ベジタブルグリセリン)と同様にPG(プロピレングリコール)がリキッドの主材料となっています。

特徴・用途

こちらは、保湿剤や殺菌剤・溶剤などの目的で使用されることが多く、ベジタブルグリセリンや自作リキッド・香料を混ぜる溶剤として使用します。また、防腐作用もあります。

プロピレングリコールはベジタブルグリセリンに比べ液体の粘度性がなく、サラサラしていて、一部の人にはアレルギー反応が出るとされていますので、アレルギー反応が出た方は、ご使用方法お気をつけ下さい。

RTAやクリアロマイザーを使用する人は、ある程度PGがあった方が、供給しやすいのでお勧めします。

尚、PG比率が多いと煙の量は少なくなります。

保管方法

プロピレングリコールは防腐作用などありますが、グリセリン同様に高温や多湿・直射日光などは避けて、冷暗所などでの保管を推奨します。

VG(ベジタブルグリセリン)

グリセリンとはベジタブル(植物性)グリセリンの略Vegetable Glycnrinで、頭文字をとって、VGといいます。

ほとんどのリキッドはこのVG(ベジタブルグリセリン)とPG(プロピレングリコール)が主材料となっており、グリセリンは煙を生み出すとても重要な部分となります。

特徴

グリセリンの比率に比例して、煙が多くなります。

いわゆる爆煙を目指すかたは、グリセリンの濃度を上げる必要があります。

グリセリン自体は粘度が高くドロドロしておりますので、RTAもしくはクリアロマイザーを使用している方はVG/PG比率を考慮して配合して下さい。

VG100%のリキッドも存在しますが、あまりにもVG比率が高いと供給不足になりやすいです。

PG(プロピレングリコール)とくらべてアレルギーも少なく食品にも添加されており、保存方法をしっかりと行えば安心して使用できます。

用途

自作リキッドを生成するにも、濃いリキッドを薄める為の割材としても、様々な用途として、ペイパーなら是非持っていても損ではないと思います。

保管方法

グリセリンは細菌の繁殖が活発な為、VG100%などのグリセリン濃度の割合が多いリキッドは、必ず日光の当たらない冷暗所で保管しましょう。

尚、PG(プロピレングリコール)が含まれると多少の繁殖防止にはなりますが、こちらも同様に日光の当たらない冷暗所で保管を推奨します。

 

リチウムイオンバッテリー

名の通り、リチウムイオン電池です。

つまりVAPEには非常に必要なアイテムです。

バッテリーはコイルの部分に電力を出力する大事なパーツです。

 

バッテリーにはサイズがあります。
18350・18500・18650・26650の4サイズとなり、これらはmAh(ミリ•アンペア•アワー)という表記と共に呼ばれることが多いです。

メーカーによっては、同じサイズでも使用が難しいものもあります。
なので、自分のご使用のものに合うか調べてから購入されることをお勧めします。

使用が難しい理由としては、容量と出力できる電力が異なる為です。

また始めに言ったように、バッテリーはコイルの部分に電力を出力する大事なパーツです。

そして、バッテリーはMOD一体型(バッテリー内蔵)のものや、MODケース内に取出し可能なものなどがあります。

初心者の方は、コンパクトで持ち運びやすい、バッテリー内蔵型をお勧めします。

中級者以上の方、もしくは初心者の方で今後の拡張性を考えている方は、バッテリー単品での購入をお勧めします。

ベイパー

ベイパー(VAPER)とは、VAPEを使用している人及び、電子タバコを愛用している人を指します。