VAPE界最強のドリッパーと言えばネクターでしょ⁉︎

AmerPoint   Nectar  RDA  Micro-steel

今回レビューしていくのはAmerPointのNectar RDA Micro-steelです。

これは本当によくできたドリッパーだと思います。

今あるVAPEの中でこれ以上のものは本当にないんじゃないんですかね。

まさにドリッパーの最高峰!!と言い切れるほどの素晴らしいアトマイザーなんです!!!

 

どこがそんなに良いのか、魅力的なのか、気になりますよね?

気になっちゃいますよね?

さぁ、それではNectarの世界に!!

Nectarの魅力を覗きに参りましょう!!!!!

Nectar

まずはNectarがどのように包装されているのかな、なんて思いますよね?

Nectarは普通にカメラのレンズを収納してるような袋に入ってました。笑

なので、これにアトマイザーが本当に入っているとも思わず、また袋1枚で大切なアトマイザーは無事なのか。と思い、少々冷や冷やな私でした。

Nectar

しかし、袋から出してみると、何素材と言えばよいのかわかりませんが、発泡スチロールのようなものにしっかり包まれていたので、皆様も安心してNectarの購入ができます!

ナイス!!発泡スチロール!!笑

 

付属品

Nectar  Nectar

•本体(アトマイザー)

→トップキャップ・デッキ・タンク

•六角レンチ

中身には必要最低限しか入っていないので、すぐにでもビルドが出来るようになっています。

写真でもわかるように、こちらはドリップチップが同封されておりませんので、ご自身でご用意をお願いします。

因みにですが、私は普段“The VapeのPico RTA” を使用していて、カスタムパーツのPico Short  Dripchip がストックと言ってはなんですが、ちょうどシルバーで使っていないのがあったので、そちらを使用しています。同じ色でサイズも大きくないので、非常にマッチングしていて、意外とこの組み合わせはお勧めです!!笑

ここでお詫び致しますが、もしかしたらOリングも同封されていたかもしれません。貴重な情報が曖昧になってしまい非常に申し訳ありません。分かり次第コメントなり投稿なり、させていただきます。

また、アトマイザースタンドは付属しておりません。

 

パーツ全体

Nectar

全体のパーツ構成ですが、Nectarは非常にシンプルな構成になっております。

トップキャップとデッキ・タンクの3構成になっています。

本来であればデッキとタンクを分解した写真も載せたかったのですが、デッキとタンク部分においては購入時に分解しない方が良いとも聞きましたので、分解の写真はなしです、すみません。。。

ドリッパーだけどタンクが付いている最高峰のこのNectar。唯一のデメリットがリキッドをタンクに入れたまま横にしたりすると漏れるという点です。⇨ドリッパーだから当たり前ですが。

なのでデッキとタンクを何度も外すことによってより漏れやすくなるからという意味でデッキとタンクの分解は避けた方が良いということなのではないでしょうか。

1度だけ私自身外したことがありますが、組み立て直すのになぜか不安の気持ちで一杯になりました。笑

 

ビルド

今回はしっかりと味が出るようにカンタル線の26ゲージ、2mm径で反時計回りにマイクロコイルで巻きました。

私はセパレートコイルであれば正確に作れる自信はありますが、マイクロコイルだとコイルが勿体無くなるくらい下手くそなので 、コイルマスターを使用して巻きました。

その為コイルの巻くところは、コイルマスターのレビューを書こうと思っていますので、そちらにて配信させていただきたいと思います。

ということで、Nectarに装着するところから参ります。

Nectar

まずは2mm系のコイルジグやドライバーなどをまだネジに巻きつけていないので形崩れしないように中に通して、このように少し斜め向きに置きます。

因みにコイルの足は上になります。

※私は面倒臭がりなので、コットンフックの反対の部分を使用しました。

Nectar

画像の様にコイルの足の部分をネジに巻きつけます。

まずは仮止めで良いので緩めで大丈夫ですが、緩すぎると反対の仮止めをするだけでも取れるのでご注意を。

ここでポイントですが、Nectarはネジを締める方向とは逆向きにコイルを巻きつけるので、ネジを締める時に少し足をキュッと引っ張るとしっかり締まります!

Nectar

今までは足が下向きだったので、逆となると慣れるまで本当に大変でしたが、慣れると仮止めもすぐに出来るようになりました!!

更にNectarのビルドポイントですが、コイルの端と足の部分が重なると抵抗値が一気に下がるので、そこは絶対に気をつけて下さい!!

因みに私は、初めてのビルドにて抵抗値0.2という記録を出しました。笑

画像のように仮止めし、調整が出来たら余っている足の部分をニッパーでカットします。

この時、なるべくギリギリの所でカットすると後が楽なのでお勧めです。

しかし注意点もあり、何も考えずにパチン!と切った瞬間に目に飛んできたので、切る時はその点だけご注意下さい。

若干のビルド恐怖症になります。笑

Nectar

因みにコイルはネジと同じくらいの高さがお勧めです!

Nectar

これでビルドは完了です!

この画像では少しわかりにくいかもしれませんが、コイルとコイルの足の部分は少し重なっているようで重なってはいないので、こんな感じにビルドをしてみて下さい!

ビルドが完了したら次はドライバーンです。

Nectar

こちらはダメな例ですね〜

沢山ホットスポットがあります。

これらをマルチピンセットを使い、ホットスポット除去していきます。

Nectar

こちらは綺麗にコイルに熱が通ってますので、この状態になったらドライバーン完了です!!

ドライバーンが出来たら、コットンを丸めてコイルに通します。

今回はオーガニックコットンを使用しました。

コットンの3分の1より気持ち少なめくらいが私的には調度良くお勧めです。

Nectar

コットンを通したら、少し斜めにカットすると供給がしやすくなるのでお勧めです。

Nectar

 

ここでポイント!!

Nectarはドリッパーでありながらデッキの下にタンクを兼ね備えたアトマイザーなので、下のタンクからリキッドを供給する事ができます。よってコットンを下に垂らします。

その関係から上の写真のようにズラしてセットします。

比率は大体ですが、穴が1つの方が3割で2つある方が7割くらいでズラすとやりやすいです!

 

それでは皆々様、大変長らくお待たせ致しました!

 

Nectar最大の楽しみコットンフックの出番です!!!笑

 

Nectar

 

コットンフック・・・

 

何をするかって?

 

もちろんコットンをホゲホゲしていきます!!

 

意外とやるとハマってしまい、最近ではこれが楽しみで仕方ありません!笑

Nectar

コットンフックで思う存分コットンをホゲホゲさせたら、

穴が2つある方の1つの穴にコットンを入れます。

なんとなく勝手ですが、某キャラクターの◯ティーちゃんのおリボンを意識してふわふわに仕上げさせていただきました。笑

これでコットンの準備は完了です!!

 

ここまで出来たら、あとはリキッドをコットンに浸します。

今回はKAMIKAZEの赤ぶどう酒のリキッドを使用しました。

Nectar

1度でもビルドをした事がある方はどの位浸した方が良いか、お分かりかと思いますが、初めてで分からない方はコットンが少ししなるくらいに浸してみて下さい。

ここでまたポイントです!!

Nectarで試し吸い、ドリッパーとして使用されたい場合はコットンが浸る程度。

少し長めに吸われたい場合は下のタンクにリキッドを入れて下さい。

ただしタンクに沢山入れると、横にした時に少し漏れますので程度はご自分の判断にお任せ致します。

リキッドをコットンに浸したら少し馴染ませて、、、

トップキャップを閉めたら、、、

Nectarのビルド、、、かんせーい!!!!!!!!

総評

文句の付け所がほぼなし!!

良い点

ドリッパーなのにタンクがついているので、ドリッパーと普通のアトマイザーとの両方を楽しめる優れものです。

また味がかなり正確といってはなんですが、しっかり味が出るのでNectarで吸ってしまったら、恐らく他のでは物足りないと思ってしまう程のレベルなので、かなり満足出来ます。

(お使いのアトマイザーによっては、味が出るものもありますので、100%満足できるとは保証致しません。笑)

お手入れもそこまで難しくなく、味も満足できるくらいの濃さが出て、ここまでの機能を兼ね備えたドリッパーはこの先もすぐには出てくるとは思えません!!

そしてNectarの機能性に比べたらお値段はそこまで高くないというより寧ろ安い方かと思いますので、このアトマイザーはドリッパーの中でも最高峰であり、かなりオススメの逸品です。

 

注意点

コットンの浸す量によってはすぐにイガり、下のタンクに入れすぎると横にしたら漏れます。

しかし持ち運び時に気をつけることと、気持ち多めに浸すことでこれらはすぐに解決されます。

初めてビルドをする時は少しコイルの調整が難しいと感じることもあるかもしれませんが、慣れてくるとすぐにセットできるようになり、寧ろ他のアトマイザーより楽で使い勝手も良し、味も良しの良品です。

 

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*


*